正しいウェブの知見がないための利益損失を解決できる、日本の全産業に求められる人材を広く育てるために

巻頭コラム「モバイルファースト」が教えてくれたもの

「モバイルファースト」が教えてくれたものこのごろ、モバイルファーストという言葉について考えています。ウェブを作る時先にスマホ版を作ること、という説明がありました。何だ、順番だけのこと? それではしょうがありませんね。スマートフォンというのは究極の個空間。誰が何のためにどんな状況で使っているかを考え、その役に立つものがなければ成り立たない、というのがモバイルファーストの意味だと思います。本当はPC版だってそうなのです。もともとリンクをクリックしたらどこにでも行ける。ユーザー側が勝手に選んで勝手に役立てるものだったはず。ユーザーの役に立たないただの宣伝では誰も見ない。モバイルを先に考えて「ユーザーの役に立つこと」を研ぎ澄まし、そこからPC版を見直した時、本当にPC版のウェブがどうあるべきかということがやっと見えてくるのではないでしょうか。2014.8.1

(編集部注)このコラムは代表理事・石井研二が昨今のウェブ事情について考えたことを取って出しするものです。時にはつい言い過ぎることもあるかもしれません。行きつ戻りつする感じも含めてお読みいただければ幸いです。

ニュース
2015.05.08
ホームページをリニューアルしました。
2014.08.07
東京・市ヶ谷、インプレスセミナールームにて小川卓さんをお迎えして当社団創立記念セミナー&懇親パーティーを開催いたしました。
2014.08.03
ホームページを少し拡張しました。
2014.05.16
一般社団法人日本ウェブ戦略担当者協議会を設立しました。
ウェブ「戦略」担当者とは?

ホームページというのは完成しておいておけばお問合せが入る、というものではありません。企業とともに動いていくものです。ウェブ担当者はWhat's Newを更新する係りではなく、企業の戦略をどう打ち出すかを練っている人ではないでしょうか。
> ウェブ「戦略」担当者とは?

ウェブ戦略担当者資格について

ホームページを管理し、より成果が出るように手を打つのがウェブ担当者の仕事。ところがその方法はなかなか蓄積されません。みんな、着任したら仕事を教えてくれる人もマニュアルもない状態で仕事を始めます。ノウハウを少しずつ標準化してすぐに効率良く仕事ができるようにしたい。これはそんな願いから生まれる資格です。
> ウェブ戦略担当者資格のご案内

コンセプト

ウェブというのはどんな風に作ったら良いのか、制作やシステムの技術面から語られることは多いのに、肝心の内容については誰も教えてくれません。そのため、多くのサイトは「ホームページらしく」作られてしまい、「その会社らしく」作ることができなくなっています。その上にSEOだ、リスティング広告だと手法ばかり研究しても砂上の楼閣です。
> 一般社団法人日本ウェブ戦略担当者協議会 コンセプト

社団概要

一般社団法人日本ウェブ戦略担当者協議会の所在地や目的など、概要をご覧いただきます。
> 社団概要

入会のご案内・お申込み

企業・団体として入会する正会員、個人としての準会員、日本の企業・団体ホームページの成果向上を支援する企業として参加いただく賛助会員など、さまざまな形をご用意しています。
> 入会のご案内・お申込み

入会すると何が良くなるのか?

「入ったらすぐに役立つ」、それが私たちのモットーです。もちろん入会いただいた担当者としての個人には、ホームページを運営するためのノウハウが身につきますが、それだけでは不足です。異動で担当者が変わっても、企業ホームページは恒常性を保たなければなりません。企業がノウハウを垂直的に蓄積し、属人化しない形でホームページを継続的に良くしていくことができるようになる。それが目指すところであり、そのための具体的な方策をご用意しています。
> 入会すると何が良くなるのか?

  • 入会についてのご案内
  • 入会のお申込みはこちら
  • メールマガジン 戦略視点で見るとウェブ担当者の仕事はこんなに変わる
お問い合わせ・資料請求