一般社団法人日本ウェブ戦略担当者協議会
コンセプト

news

2015.05.08
ホームページをリニューアルしました。
2014.08.07
東京・市ヶ谷、インプレスセミナールームにて小川卓さんをお迎えして当社団創立記念セミナー&懇親パーティーを開催いたしました。
2014.08.03
ホームページを少し拡張しました。
2014.05.16
一般社団法人日本ウェブ戦略担当者協議会を設立しました。

日本のホームページはもっと良くなる

日本でホームページというものが作られるようになって20年以上の時間が経ちました。その間にさまざまな技術が生まれています。CSSでレイアウトをする、SEO対策を施す、リスティング広告を出す、それを受けるランディングページを作る、スマートフォン対応のサイトを作る…。

そのたびにウェブ担当者は大変な努力をして技術を理解し、役立てようとしてきました。長く仕事している企業団体のウェブ担当者の中にはプロがはだしで逃げるような高いノウハウを持った人も少なくありません。

しかし、ホームページについて、その成果に満足している会社は多くありません。これはなぜでしょう?

1つにはノウハウが担当者に属人化しているためです。異動のたびにノウハウがゼロに戻ってしまうことも少なくなく、良いノウハウが垂直的に蓄積されていません。また、商品について最も詳しい各事業部や営業部にウェブのノウハウが伝えられていないため、より効果的なウェブでの訴求ができないというのもずっと変わらないホームページの悩みです。

多くの企業団体ホームページはコンテンツ不足の状態です。コンテンツとは「顧客の役に立つ情報」だと定義できます。それがあるから求める人がサイトを訪れ、自分の課題解決の方法として商品に気づき、購買行動をとる。ホームページはそうした流れを作らなければなりません。いくら多くのページがあってもいわゆる商品説明ばかりでは本当にその商品を必要とする人がサイトを訪れず、効果が上がりません。

商品は「誰かの課題を解決するために」作られています。その点を、その誰かに向かって伝えていかなければほしいという気持ちを引き出すことができないのです。

こうしたことから次のことが必要だと考えています。

1)ウェブ担当者が正しい知識と自社サイト認識を持つこと。自社のサイト構成さえきちんと把握できていないウェブ担当者が非常に多く見られます。その状態のうえでSEOや新しいコンテンツ作成を考えても砂上の楼閣、効果を出すことはできません。

2)社内にウェブ活用の正しい知識と自社サイト認識を広げること。商品やその顧客をよく知っている事業部や営業部がウェブをより良く活用できるようにすべきです。

3)SEOやリスティング広告のような戦術よりも前に「目的」を持つこと。目的を達成するために、全体の資源をコントロールすることが「戦略」です。ウェブ担当者がウェブ「戦略」担当者になるためには、目的を明確化することが不可欠です。

目的がない状態では、SEOやリスティング広告などの戦術のどれをどの比重で活用するべきかも決められないでしょう。ところが多くのサイトでは目的とその戦略よりもさまざまな戦術が先に採用されています。目的がないので戦術の評価もままならないのですが、実際に多くの予算が投じられています。

ホームページはいったい何の目的に寄与するものなのか? その達成に最適な戦略は何か? ここから出発することで、企業団体ホームページはもっと良くなるのです。

一般社団法人日本ウェブ戦略担当者協議会の具体的なコンセプト

目的や戦略など大局的な話はもちろん重要ではありますが、やや抽象的で、時間のかかるものです。すでにホームページをもっていて日々運営している担当者にとっては目の前のサイトの運用をおいておくわけにもいきません。

一般社団法人日本ウェブ戦略担当者協議会では、大局的なだけではなく、実践的なプログラムを用意しています。

サイト構成表の上にアクセス解析結果をプロットするなどして重要な戦略表を作成し、その上に、コンテンツの拡充計画やSEO対策、リスティング広告などの方向性を描くことができるようにしていきます。

こうした表作りなどは地味に見えるかもしれませんが、これにより、
・ホームページを見える化し、日々の運営を計画的で楽なものにできる
・その上に戦略図を描くことができる土台となる
・さらに別の担当者や後任者にすぐ渡すことができ、ノウハウを会社として蓄積し、広めていくことができるようになる
のです。こうした整備を進めながら、正しい土台を作り、その上に戦略眼を育てていくのが大きなコンセプトです。

月例のミーティングでは座学、作業、事例の検討などを通じて戦略構築とその実践をサポートしていきます。

一般社団法人日本ウェブ戦略担当者協議会のもう1つの柱は「ウェブ戦略担当者」資格の運営です。これは正しくバランスのとれたノウハウを企業団体のウェブ担当者に獲得していただくためのものです。全体のウェブ担当者が取得する2級を中心に、各部門のウェブ担当者が手軽に取得できる3級、企業団体をサポートする専門家が取得を目指す1級、上級を展開し、ウェブに関わるすべての人が同じ定義で会話でき、一定水準のノウハウを共有できるようにするためのものです。

ホームページを担当者の孤軍奮闘から解放し、会社団体全体でノウハウを蓄積し、その発信力と効果を高めることができるようにする。それが一般社団法人日本ウェブ戦略担当者協議会の実践的なコンセプトなのです。

お問い合わせ・資料請求
  • 入会についてのご案内
  • 入会のお申込みはこちら
  • メールマガジン 戦略視点で見るとウェブ担当者の仕事はこんなに変わる
入会すると何が良くなるのか?