ウェブ戦略担当者資格について

正しいウェブの知見がないための利益損失を解決できる、日本の全産業に求められる人材を広く育てるために

news

2015.05.08
ホームページをリニューアルしました。
2014.08.07
東京・市ヶ谷、インプレスセミナールームにて小川卓さんをお迎えして当社団創立記念セミナー&懇親パーティーを開催いたしました。
2014.08.03
ホームページを少し拡張しました。
2014.05.16
一般社団法人日本ウェブ戦略担当者協議会を設立しました。

一般社団法人日本ウェブ戦略担当者協議会では、
「ウェブ戦略担当者」資格を運営してまいります。

企業・団体から個人商店まであらゆる事業単位がインターネットを通じて情報発信を行い、その事業を展開しています。しかし、ウェブやソーシャルメディアに対する知識が不足しているためにホームページはただ保有公開しているだけで訪問者は少なく、利益増進につながる効果を得られてないものが大半です。

知見の獲得は担当者個人に任されており、そのレベルや分野のバランスについては企業・団体の内部で点検するすべがありません。人によっては著しく検索対策に偏り、別の者ではデザインをきれいにすることのみに力を入れることもあります。企業・団体においては人事異動によって担当者を随時変更するため、個人が獲得した知見を組織として積み上げることができていないのが実際です。

そのため、反応のない情報や広告の発信、目的の定まらないリニューアルが繰り返されています。これは日本の全産業において比類のない機会損失と無駄の積み重ねであり、利益を損ねるものとなっています。

一方、それを補うアドバイザーとなるべき専門家にも知見が不足しています。印刷、広告、デザインなど出身業界に親和性の高い分野の知見が中心となり、企業ウェブサイトを恒常的に改善・向上するに足る知見とならず、結果的に企業・団体に成果をもたらすことができず、ときには不利益をもたらすこともあります。

これも元をたどれば企業・団体側に専門家を査定するノウハウがないためです。事業者側・専門家側双方に、適切でバランスのとれた、戦略性・経営視点に依拠したウェブサイトの運営ノウハウが今こそ求められています。

「ウェブ戦略担当者」資格は、この日本全産業に関わる課題に対処するため、正しいウェブサイトの知見を広げ、成果につながる運営のための人材を広く育成せんとするものです。

会社団体全体のウェブ担当者だけではなく、事業部など各部門の担当者、あるいはインターネットサービスを展開する専門家にもバランスのとれたノウハウを伝え、誰もが同じ定義で会話することができ、共に向上を目指すことができる運営環境を整えるためにこの資格を広めてまいります。

ウェブ戦略担当者資格の構成

ウェブ戦略担当者資格の構成

「ウェブ戦略担当者」資格は次の4つの級位から構成されています。

■上級

企業団体ホームページをサポートする専門家として、企業団体のウェブ担当者を指導・育成し、その運営を成功に導くことができるレベルです。上級取得者は自ら企業団体のウェブ担当者を集めて講座を開催することができ、そのテキストは協議会から提供されます。

■1級

企業団体のホームページ責任者として戦略を練り、各担当者や外部の専門家を指導・協力して成果をあげることができるレベルです。

■2級

企業団体のホームページ担当者として正しい知見を持ち、戦略を組み立て、運営・分析・改善のサイクルをまわすことができるレベルです。多くのウェブ担当者に取得をお勧めする資格として考えられています。

■3級

企業団体全体のウェブ担当者が着任して早々に正しい知見を得て、円滑に運営・分析・改善のサイクルをまわすことができるレベルです。初級者を対象としているため、全体のウェブ担当者だけではなく、事業部など各部門のウェブ担当者が手軽に取得することのできる資格として考えられています。これにより、社内のウェブノウハウを底上げし、より戦略的にウェブを運営することができるようになります。社内の誰もが基本的なウェブの知識を持ち、その活用を考えることができるようになれば、ウェブ展開のスピードは大きく向上するのです。

正会員社は3級の資格受験料が免除されます。また準会員も3級の資格受験料が減免されますので、より多くの関係者が3級を取得して、サイト運営・改善をより円滑で成果のあるものにしてください。

お問い合わせ・資料請求
  • 入会についてのご案内
  • 入会のお申込みはこちら
  • メールマガジン 戦略視点で見るとウェブ担当者の仕事はこんなに変わる